生活の電気の節約術について

今アメリカに住んでいるのですが、一番の節約術はレストランでのお持ち帰りです。

日本人主婦の上手な節約術

生活の電気の節約術について 今アメリカに住んでいるのですが、一番の節約術はレストランでのお持ち帰りです。日本に比べると量も多いと言われますが、それは事実だと思います。そこで半分食べてお腹いっぱいになると、私は半分は必ずお持ち帰りします。それを翌日のランチで温めて食べてもいいですし、私はもっぱらリメイクして別のメニューとして楽しみます。サラダに関しては持ち帰っても色が変色していたり、しなっていたりと見た目も味も悪いですので持ち帰りはしません。その分、レストランではサラダ優先で食事を取ります。

この持ち帰った食事をリメイクして旦那さんに食べさせると、リメイクだなんて想像もしていないようで驚いています。これぞ主婦のアイデアでしょうか。それとも日本人のアイデアでしょうか。とにかくこの食事のお持ち帰りで確かに一食分節約できているのは確かです。リメイクができると、家で料理をしたあまり物でも簡単に別の一品ができてしまうので、結婚するのであればこういうことができる人がいいのではないでしょうか。そして驚くことに、アメリカではラーメンやフォーのように丼にスープと麺が入ったものでも別々にしてお持ち帰りしてくれたりするんです。もちろん食べかけは一緒のお持ち帰り用の器に入れてくれます。これは本当にアメリカに住んで良かったなと思うことの一つです。

Copyright (C)2017生活の電気の節約術について.All rights reserved.