生活の電気の節約術について

給料は上がっていないのに、消費税も上がり、電気料金も上がり、家計は苦しくなる一方です。

なるべく電気を使わない節約術。

生活の電気の節約術について 給料は上がっていないのに、消費税も上がり、電気料金も上がり、家計は苦しくなる一方です。これでは、今までせっせとやっていた節約術だけでは間に合わなくなります。我が家では極力電気を使わないように家族で努力しています。例えば洗濯機は一週間に、一度か二度しか使用していません。以前は毎日使っていました。衛生面を考えると、いっぱいにならなくても毎日洗わないと気が済まなかったので、冬でも毎日洗濯していました。一応電気料金が安くなる、深夜の時間帯に洗濯機を回していました。それがとてももったいなく感じ、今は入浴したついでに、残り湯で手洗いをするようになりました。お湯なので汚れ落ちもいいですし、水道もあまり使用しないので、一石二鳥の節約術です。

テレビも常につけっぱなしが我が家の常識でした。しかし今は、見たい番組がない時は消すようになりました。すると、だんだんそんなに見なくても平気になっていきます。実はテレビはエアコン並みに電力を使う、という話も聞いたことがあるので、節約効果は高いと思っています。掃除もこまめにフロアモップをかけるようにして、掃除機はごくたまにしか使いません。電化製品はとても便利なものです。でも電気料金がこんなに上がってしまうと認識が変わってしまいます。時間がかかっても、自分の手で何とかなるものは何とかする、という考えになりました。限りある資源を守っていくという視点になると、今までが贅沢すぎたのかもしれません。

Copyright (C)2017生活の電気の節約術について.All rights reserved.